果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレが好きで人が嫌いなゴリラのブログ

メリハリが大切という話

エコゴリです。

 

そろそろ街行く人々の露出が多くなる季節になってきましたね。

 

そんな中で、女性の身体について言いたいことがあります。

f:id:ecogori07:20180526231941j:plain

 

 

 

 

細い。

 

 

 

特に、脚。

世の中の大半の男性は、太ももの間が空いているくらいの細さが好みなんですかね?

もちろん、男性のニーズに合わせる必要があるとは思いません。

 

 ※そもそも男性の身体について、女性はもっと言いたいことがあるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

話を戻します。

好みは人それぞれとはいえ、やはり、普遍的な肉体美ってあると思います。

 

 

分かりやすいのは、ギリシャ彫刻ですね。

男性は逆三角形の筋肉質な身体、女性はボンキュッボンのふくよかな身体です。

時代が変われど、これらを美しいと思う価値観は変わってないと思います。

 

そもそも、人間の骨格筋を考えた時、出るところは出て、引っ込むところは引っ込むようになっています。

 

また、女性は脂肪が付きやすく、柔らかな見た目になるのは当然です。

 

 

それを当然と受け入れた上で、メリハリのある身体を目指しましょう。

 

 

それには、筋肉を付けなければなりません。

結局そこかい、と思われるかもしれませんが、よく考えれば分かることです。

 

痩せるということは、筋肉も縮小します。そうすると、本来のメリハリのある身体つきが失われていきます。

幼児のような身体つきになってしまうのです。

 

女性は、脚が太くなるから、、、と下半身のトレーニングを敬遠しますが、大腿部や臀部が発達すれば、相対的にウエストがくびれて見えます。

 

胸や肩などの上半身も、トレーニングをすればやはり相対的にウエストはくびれて見えます。

トレーニングをして、ウエストが発達して寸胴のようになる、ということはありません。 

 

はっきり言って、医療上の必要性に迫られない限り、ただ痩せる、という選択肢は間違っていると思います。

 

 

あくまで、筋肉をつけることをベースにして、理想の身体を追求していきましょう。

 

 

 

 

それでは。