果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレが好きで人が嫌いなゴリラのブログ

資産形成=ボディビルディング!?

エコゴリです。

 何を言っているんだ?と思われるかもしれません。

しかし、かなり的を射ていると思っています。

 資産形成と、ボディビルディングは、似ています。

f:id:ecogori07:20180526232807j:plain

 

そもそも僕たちは、何のために資産形成をしているのでしょうか。

もちろん、お金持ちになるためですが、一般的には、老後に豊かに暮らすための資金を蓄えるため、というのがあると思います。

 

短期的にお金持ちになりたい!という人は、投機的な取引を行ったり、事業を立ち上げたりしますが、多くの人は、コツコツと積立をしていく長期投資のスタンスで臨んでいると思います。

将来的にメリットが増大するということは、無視できないポイントです。

 

 

それでは、トレーニングはどうでしょうか。

健康のため、スポーツのパフォーマンスを向上させるため、ベンチプレスの記録更新をするため、海やプールで女の子にいい身体をアピールするため、などです。

老後のため、という人は少ないでしょう。

 

ですが、結果として、老後のためにもなっています。

筋肉が、年齢とともに衰えて行くことは、周知の事実です。

若い時に何もしなければ、老人になるにつれて身体運動レベルの低下の程度がひどくなります。

一方、若い時にしっかりとトレーニングを実施し、筋肉の貯金を増やしていれば、老後の衰えは緩やかになります。

老後に、アクティブな生活を送るための強い武器になります。

 

また、マッスルメモリーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、ある程度トレーニングの経験がある人が、長期間トレーニングを中断しても、再開後に筋肉の増量スピードが、何もしていなかった人に比べて有利になるというものです。

実際に、研究で明らかになっています。

このように、将来的なメリットは計り知れないほど大きいです。

 

 

これって、資産形成と非常に似ていませんか?

若い時にしっかりと種銭を作っておけば、長期間積立を中断しても、その間、複利の効果で勝手に増え続けて行きます。(S&P500などに投資することを想定しています。)

 

流石に、筋肉は何もせずに増え続けるということはありませんが、若い時のトレーニングによる貯金は、事情があってトレーニングを中断しても、再開する時に大きなメリットをもたらします。

 

 

老後のために資産形成をしている人は、老後に、リゾート地に移住しようとか、旅行三昧の生活を送ろうとか、生涯現役で夜の営みの方を頑張ろう(?)とか、色々と楽しみがあると思います。

 

その時、筋肉があるのとないのとでは、大違いになると思います。

今、長期投資で資産形成に励んでいる人は、身体もしっかりと作っていく必要性があると思いませんか?

 

 

 

それでは。