果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレが好きで人が嫌いなゴリラのブログ

仮想通貨の今後、将来性

エコゴリです。

ご多分に洩れず、僕も昨年末のバブル絶頂期に参戦していました。

 

 

一時期、一部アルトコインの含み益は100万円を超えており、マジで会社辞められるかも!?などと淡い期待を抱いておりました。

f:id:ecogori07:20180429095401p:image

 

もちろん、上手くいくはずもなく、ご存知の通りズルズルと暴落をしていき、最終的には+5万円程で、4月始めに仮想通貨取引から完全に撤退しました。

 

 

仮想通貨を積み立てられている方も多いかもしれませんが、僕は、このバブルが再現されることは無いと思います。

 

バブルは、歴史を振り返ってみても、泡のように中身がないからバブルなのです。

弾けた瞬間、中には何もなかったことが分かります。薄々勘付いてはいても、膨れ上がる含み益の魔力に逆らえる人はなかなか居ません。

 

今回のバブルが弾けたことにより、仮想通貨はあくまで投機的な商品であることが再認識されました。

そのため、市場参加者はタイミングを窺う売買をし、常に売り圧力がかかるようになっているでしょう。

 

株式投資と違い、利益成長という、価値が上昇する源泉がありません。

 

将来的に使われるから。

この理由を挙げる人も多いですが、それだと法定通貨と何が違うのでしょうか。

 

ドルが今後もさらに使われるようになるから、円よりも有望だから、ドルを積み立てます!

 

というのと一緒です。

 

 

結局、仮想通貨はFXと同じです。

投機的で、一部の天才だけが儲けられる商品です。

 

仮想通貨に関するネットニュースをみても、ポジショントークに溢れていて、笑ってしまいそうになります。

買わせて、上げて、売るんですよね?

 

そのような市場ですから、ボラティリティは株式市場の比ではありません。そのため、仮想通貨取引は、一時的には儲けられる可能性がありますが、資金が少ないと、人生を変えられるほどのインパクトはありません。そのため、連続して勝つ必要がありますが、それが簡単にできれば、苦労はしません。

 

株式投資とは違い、業績を予想して株価上昇を期する、というただでさえ初心者にはハードルの高い取引すらも出来ません。まぐれの要素があまりにも強いです。

 

将来的に、仮想通貨の恩恵は、僕たちのような投機家・投資家ではなく、一般の人々が受けることになりそうです。

世界的にもブロックチェーンの技術を使った新しい取り組みが徐々に拡大しており、市場の拡大は間違いなさそうです。

 

 

 

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

 

 

 

踊らにゃ損損と、踊りに踊った僕が言うのも説得力がありませんが、これから仮想通貨取引を始めようと思っている人は、それよりも、株式投資で着実に資産を形成していきましょう。

米国株投資はいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

それでは。