果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレ好きなゴリラのブログ

平成が終わるまであと1年〜新元号は?〜

エコゴリです。

平成と共に生まれ、生きてきた世代として、とても感慨深いものがあります。

メディアでも、これから多くの特集が組まれることになるでしょう。

 

 

 

僕が生まれた1989年は、携帯電話はもちろん、インターネットすら普及していない時代でした。

今や生活必需品と化した初代iPhoneの日本での発売は、今から10年前の2008年、平成20年です。

僕が生まれてからたった20年で、手元でインターネットを自由に操れるほど時代が進みました。

中でも、革命の主役は、米国株投資家にはお馴染みのアップル(AAPL)ですね。

1989年当時の株価1ドル台から、2018年4月30日現在の162ドルまで上昇しました。

平成の30年間を通して120倍以上になっています。

f:id:ecogori07:20180430175313p:image

 

 

 

その初代iPhoneが2008年に発売してから、10年が経ちました。

一見、さほど時代は進んでいないように思います。

しかし実は、この間にも、ハード面ではなくソフト面で、非常に革命的な出来事がありました。

それは、SNS、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの普及です。

インターネット上で人と人が繋がる革命です。

 

主役は、フェイスブック(FB)です。

フェイスブックは、2012年に上場してから、わずか6年足らずで株価は38ドルから2018年4月30日現在の173ドルまで、4.5倍になりました。

f:id:ecogori07:20180430180603p:image

 

 

さて、10年後の世界はどうなるのでしょうか。

この10年で、人と人が繋がりました。

これからの10年は、物にも繋がるIoTが世界を席巻するでしょう。

 

 

それ以外にも様々な、予測不能な出来事があるでしょう。その中で、僕たちがそろそろ、気になってソワソワし始めることがあります。

 

それは、新元号です。

今回は、天皇陛下が、200年ぶりに譲位という形で退位されることになります。

不謹慎ではないと思いますので、素人なりの予想をしてみたいと思います。

予想された元号は実現しないというアノマリーがあるようですが、こんな弱小ブログでは、なんの影響も及ぼさないと思いますので、当たる可能性もあるのではないかと思います。

そこで、簡単な条件から、簡単に考えてみます。

(G.W.だから暇なんです。)

 

条件としては、以下の6つがあるようです。

 

 

政府が79年10月に公表した元号選定手続きは、原案を絞り込む際の留意事項として

(1)国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ

(2)漢字2字

(3)書きやすい

(4)読みやすい

(5)過去に元号や贈り名として使用されていない

(6)俗用されていない

-の六つを挙げている。

2017年12月8日J I J I.COMより

 

 

この5つ目が曲者です。

645年の大化から、平成まで、実に247の元号があります。

被らないものを考えるのは、かなり根気のいる作業のような気がしてきました。

とても簡単に考えられるような代物ではありません。

また、流石にG.W.といえども、そんな時間はありません。

 

 

。。。

 

 

 

本気で考えようと書き始めたものの、やはり、専門家の先生方に任せた方が良さそうです。

こんなオチで本当に申し訳ございません。。。

 

 

 

それでは。