果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレが好きで人が嫌いなゴリラのブログ

話題のプリズナートレーニングの表紙を切る!

エコゴリです。

 

中身はまだ読んでいませんので本来は批評する資格はありません。

自重トレーニングのやり方が豊富に紹介されているようなので、読んでみようと思っています。

Amazonで在庫切れなので、復活するのを待ちます。

陸マイラー御用達のハピタス堂書店でも品切れでした。

 

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

  • 作者: ポール・ウェイド,山田雅久
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

 

まずは、表紙だけ見た感想を。

やはりキャッチーにしなければなりませんので、極端なことが書かれています。(笑)

特に、プロテインは不要!の部分ですね。

言葉の綾と知りつつあえてまじめに解説をすると、

プロテインは絶対必要!です。

なぜなら、プロテイン=タンパク質だからです。

 

 

言葉の綾批判はこの程度にしておいて、実際、プロテインドリンクは飲んだ方が良いと思います。

普段の食事でタンパク質を十分に取れているなら不要ですが、普通の人が十分なタンパク質を食事のみで賄うことは、あまり現実的ではないように思います。

 

トレーニングをする人は、体重1kgあたり1.5g〜2.0g程度のタンパク質摂取が望ましいとされます。

例えば、体重70kgの人だと、105gです。

ささみであれば100gあたり20g程度のタンパク質が含まれますので、500g食べなければなりません。目安として10本くらいです。

※ちなみに僕は、毎日タンパク質を200g程度摂取することを目標にしていますので、20本以上ですね。

 

意識しなければ、自然に摂れていた、とはなり得ない量です。

そのため、効率よく筋肥大をさせたいなら、プロテインドリンクは飲んだ方が良いことは間違いないでしょう。

この本の内容が、筋肥大を目的としていないのであれば、話は別ですが、、、。

 

 

 

最後に、表紙の漫画のような身体にはなれない!ということは断言しておきます。

 

 

 

読んでみてから、中身の感想を記事にしたいと思います。

それでは。