果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレが好きで人が嫌いなゴリラのブログ

ANA VISA Suicaカードをお得に発行しよう!持ってるだけで毎年1,000マイル!

エコゴリです。

見落としていただけ、、、?

ようやく、狙っていたカードのポイントサイトでのポイント還元案件が出てきました。

 

 

ANA VISAカード

最大10000マイルがもらえる!!ANAカードご入会特典!|クレジットカードの三井住友VISAカード

ANAとVISAの提携カードです。

年会費は有料ですが、年間300万円以上クレジットカードで決済される方にとってはANAマイルへの還元率が非常に高く、検討に値するANAワイドゴールドカードを筆頭に、九州や函館地区のポイント交換機を使えば高い交換率でポイントをマイルに交換できるANA VISA nimocaカードなど、陸マイラー御用達のカードが揃っています。

現在、最大10,000マイルの入会ボーナスキャンペーンを実施中ですね。

 

ちなみに、陸マイラーにとって必須ともいえるソラチカカードはANAとJCBの提携カードです。

 

 

ANA VISA  Suicaカード

今回、僕が欲しかったカードとは、

ANA VISA  Suicaカード

です。

なぜ、このカードが欲しかったかというと、Suica定期券へのオートチャージ機能があるからです。

というのも現在、僕は通勤でSuica定期券を使っています。

そして、仕事で電車に乗って移動することもよくあります。

その時ずっと不満に感じていたことが、Suicaへのチャージです。

 

①たま〜に残高を確認していないと改札で止められます。

 

②券売機・精算機でのチャージが面倒です。

 

③普段クレジットカードでスマートに支払いしているのに、チャージしている時に何となくアナログな感じがして恥ずかしいです。

 

④毎年結構な額をチャージに使っていますが、現金払いなのでもちろんポイントは付きません。それなりのマイルを取りこぼしていることになります。

 

③はくだらないとしても、どうにかならないかと思っていました。

 

定期一体型でオートチャージ機能付きのクレジットカードもあるのですが、セキュリティ面で不安があったり、定期券の購入をマイルの貯まるクレジットカード(三井住友VISAカードエブリプラス)で支払えないなどの問題があったりするため、手持ちのSuica定期券にリンクできるクレジットカードを探していました。

そして、以下のカードが候補にあがりました。

 

・「ビュー・スイカ」カード

・ANA VISA Suicaカード

 

まず、「ビュー・スイカ」カードはオートチャージでSuica(電子マネー)1.5%分のポイント還元があるものの、ANAマイルには交換できず微妙な感じです。しかも、年会費が税込515円かかります。

一方、ANA VISA Suicaカードもマイ・ぺいすリボの割引後で年会費が税込811円かかりますが、リボ払いによるポイント2倍により1%分のポイント還元、マイル還元だと最高0.81%分+継続時のボーナスマイル1,000マイルが獲得できます。

 

例えば、年間で40,000円をオートチャージで使用したとしましょう。

 

「ビュー・スイカ」カードは600円分のSuica(電子マネー)が貯まります。年会費の515円を引くと、普通に現金でチャージするより差し引き85円お得になります。

 

一方、ANA VISA Suicaカードはワールドプレゼントポイントが80ポイント貯まります。これは、

→Gポイント400ポイント

→LINEポイント400ポイント

→メトロポイント360ポイント

→ANAマイル324マイル

となります。

また、2年目以降ではありますがボーナスポイントも合わせると1,324マイルとなります。

811円の年会費があるので、差し引き513マイルお得になります。また、マイぺいすリボのリボ払い手数料を少し多めに計算して年間100円程度とすると、最終的には400マイルほど得をすると考えれば良いでしょう。

 

書いてみて思いましたが、意外と少ないですね。(笑)

 

色々なサイトで色々と都合よく良いことばかり喧伝されますが、実際はこんなもんでしょう。

ただ、どちらかというとチャージの煩わしさから解放されることが1番の目的なので、少しでも金銭的に得をするなら全く問題ないです。

 

また、先程の使用例のように、「ビュー・スイカ」カードは損をしてしまう場合もあります。

年会費が税込515円で定期券購入やオートチャージのポイント還元率が1.5%ですので、移動時の定期券としてしか使わないのであれば、損益分岐点は年間34,333円となります。カード利用額がこれを下回るようであれば、持っているだけで損をするカードになってしまいます。よく考えましょう。

 

その点、ANA VISA Suicaカードであれば継続ボーナスが1,000マイルありますので、マイぺいすリボの設定にしておけば、全く使わなくても損をすることはありません。

むしろ、リボ払いが怖いようでしたら、使わずに持つだけでもよいと思います。

いわゆる死蔵用カードです。

 

 

 

ポイントタウンで1,500円分のポイント還元!

そして、現在ANA VISA Suicaカードを発行するならポイントタウンというポイントサイトを経由するのがお得です。

公式サイトからだと1円も貰えませんが、ポイントタウンというポイントサイトを経由するだけで1,500円分のポイントが貰えます。

※本日、ANA VISAカード案件を見つけたときは「ゲットマネー」や「ECナビ」で2,000円分の還元でしたが、好評につき終了してしまっているようです。

 

ポイントタウンは、LINEポイントに等価で交換できるため、マイルを貯めるなら登録しておきたいポイントサイトです。

こちらからどうぞ。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン 

 

マイルの貯め方は、過去記事を参照ください。

 

pointstocktrain.hatenablog.jp

 

 

pointstocktrain.hatenablog.jp

 

 

最後に

とにかく自分の考えたことを勢いで書き込んでしまいましたので、間違いがあるかもしれません。自己責任でお願いします。

記事を鵜呑みになさらず、 ご自分でも色々と調べてみてください。。。

それでは。