果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレが好きで人が嫌いなゴリラのブログ

ジョリーパスタのうにぼなーらが格別でおススメ。ミョウバン不使用。

エコゴリです。

食レポ始めました。

 

 

ジョリーパスタとは

株式会社ゼンショーホールディングス傘下の株式会社ジョリーパスタが運営する、イタリアンレストランチェーンです。

同社の歴史は結構面白いので、興味がある方は調べてみてください。

 30都府県に236店舗を構えており、全国的なチェーンです。

www.jolly-pasta.co.jp

 

 

メニューの特徴

基本メニューは乾麺を使用しています。最近、生パスタを出すお店が増えてきていますが、ジョリーパスタは乾麺が主体です。

個人的に、乾麺のパスタがとても好みです。あのクニクニとした食感がたまりません。

生パスタのモチモチ感は邪道だと思ってさえいます。

 

乾麺は、茹で加減次第ではブヨブヨの全くコシのない仕上がりとなりますので、同社の茹でのオペレーションは、当たり前ですがしっかりと時間で管理されているのだと思います。

 

トマトソース、クリームソース、ミートソース、ペペロンチーノ、和風、と一通り定番の味は揃っています。

f:id:ecogori07:20180617221943j:image

画像出典:ジョリーパスタ公式HP

 

また、前菜、ピッツァ、サラダなどのバリエーションも豊富ですので、どれを食べようか迷いますね。

 

 

うにぼなーらを食べてみた!

 

今回、夏のうにフェアということで、

「うにぼなーら」1,190円(税別)を食べてみました。

f:id:ecogori07:20180617171235j:image

 

こちらです。

公式サイトの画像と比較しても、遜色ないですね。

f:id:ecogori07:20180617171345j:image

画像出典:ジョリーパスタ公式HP

 

こういうところは、好感が持てます。

がっかりしますからね、写真と違うと。

 

料理とともに、ボトルタイプの醤油も運ばれてきます。

これが後ほど、驚くべき効果を発揮することになります。

 

まず、醤油をかけずに食べてみます。ベースは普通のカルボナーラですが、うにも使っているので、両者の馴染みが抜群です。

乗せられているうにはミョウバン不使用です。

ミョウバンはうにの身崩れを防ぎますが、渋みや苦みをもたらします。

しかし、見栄えは良くなるため、高級料亭などでも使われることはあるようです。

ミョウバン不使用のおかげか、想像以上にうにの風味がしっかりと感じられます。

 

クリーミーなソースとうにの濃厚さが非常に合います。

ただ、濃厚さばかりではなく、黒こしょうのピリッとしたアクセントが効いているので、食後は爽やかです。

 

続いて、醤油をかけてみます。

、、、う、うまい。

お寿司では当然のように「うに+醤油」の組み合わせで食べますので美味しいのは当たり前ですが、このメニュー、よく見ると地味〜に長ネギを紛れ込ませています。

普通、カルボナーラには長ネギなど入れませんからね。

適当にうにを乗せただけではないことが分かります。

長ネギが醤油の風味と相まって、一気に和風寄りに味変させてくれます。

クリームソースにも関わらず、メニュー全体の和風感が強まり、うにとの相性がより一層高まります。

 

いや〜、これは食べるべきですよ。

9月上旬頃終了とのことですので、お時間があればぜひ行ってみてください。

ぼくはジョリーパスタが好きでよく行くのですが、今回、前回貰った100円引券を使用してお得に食べたことは内緒です。

 

 

最後に

なんか突然食レポをぶっ込んでみました。

写真が少なくてすみません。笑

今後、基本的には旅先の美味しいものをレポートしていきます。

それでは。