果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレが好きで人が嫌いなゴリラのブログ

梅雨の宮古島旅行。天気予報が曇りや雨なら楽しめない!?宮古島東急ホテル&リゾーツ宿泊記。

エコゴリです。

まさに日系の古き良きリゾートホテルっていう感じでした。

 

 

ホテル概説

画像出典:ホテル公式HP

 

この画像、しばらく眺めていられます。

沖縄県宮古島市にある、東洋一美しい与那覇前浜ビーチに隣接するホテルです。

今回、ぼくは梅雨の真っ只中に宿泊してきましたので、その様子をレポートします。

なお、写真の昼夜がバラバラで恐縮です。適当に写真を撮っていたため、まとまりのない感じですが、素人感をお楽しみ下さい。

 

 

場所

f:id:ecogori07:20180618010219j:image

宮古空港より車で10分程度です。

沖縄本島のリゾートホテルまでの距離や時間を知っていると、えっ、近っ!という感じです。

 

 

チェックイン

f:id:ecogori07:20180618005726j:image

夜の写真ですみません。

旅行初日は、本当はおやつの時間に宮古空港に到着しました。

天気予報は曇りで、実際の天気も曇りでした。

 

車でホテルの入り口まで行きます。

バトラーサービスはないので、この写真手前側の方にある駐車場に自分で停めに行きます。

運が良ければ20台程度が停められるすぐ近くの駐車ブロックに停められます。

そこが空いていなくても、他の駐車ブロックもそんなに遠くないので気になりません。

その後、ホテル入り口を抜けて、

f:id:ecogori07:20180618010644j:image

 

左手奥が、ホテルフロントです。

f:id:ecogori07:20180618010737j:image

 

そういえばウェルカムドリンクとかは無かったです。

チェックイン時、アップグレードを告げられます。

もちろん初訪なのでどう変わるのか分かりませんが、ちょっと嬉しい。

※後ほど違いを紹介します。

 

ちなみに、ホテルフロントは、本館の1階にあります。

ぼくが今回宿泊したのはコーラルウィングという別館ですので、一旦エントランスを出て、反対側の建物に移ります。

ホテル内は、南国の雰囲気を醸し出しています。

f:id:ecogori07:20180618011433j:image

 

コーラルウィングの入り口です。

また南国らしいカラフルな花があり、気分を高揚させてくれますね。

f:id:ecogori07:20180618222347j:image

 

部屋までのエレベーター内には、ホテル内の分かりやすい見取り図がありました。

f:id:ecogori07:20180618222410j:image

 

エレベーターホールからの景色。

f:id:ecogori07:20180618231741j:image

 

廊下を抜けていきます。

f:id:ecogori07:20180618222438j:image

 

途中の窓から見える、海と反対側の景色。南米か。

f:id:ecogori07:20180618231915j:image

 

 

 

部屋

予約した部屋は、コーラルウィング棟にあります。

なぜコーラルウィング棟にしたかというと、全客室タイプがバス・トイレ別だからです。

※僕のバス・トイレ別のこだわりは、こちらの記事をどうぞ。

 

www.hatenomile.com

 

そして、予約した客室タイプは「禁煙プレミアムツイン/ビューバスルーム」です。

画像出典:ホテル公式HP

 

今回、アップグレードされた部屋は、「禁煙グランドツイン/ビューバスルーム」だと思います。笑

どうも、部屋の大きさや形は変わりませんが、違うのは、以下の点です。

・高層階。

・ラウンジチェアが2脚、窓側に向けて配されており、開放的な景色を楽しめる。

画像出典:ホテル公式HP

 

部屋に入って目に飛び込んでくるのは、絶妙な空模様の下に広がるため息の出るようなマリンブルーの海です。笑

f:id:ecogori07:20180618222532j:image

 

窓側からくるっと振り返って。

f:id:ecogori07:20180618223019j:image

 

続いて、バス・トイレ別度チェック。

完全独立型です。笑

f:id:ecogori07:20180618223057j:image

f:id:ecogori07:20180618223150j:image

ぼくは基本的にお風呂には浸かりませんが、(ビューバスの意味なし)浸かりたくなりますね。

f:id:ecogori07:20180618223212j:image

 

改めて、バルコニーからの景色です。

f:id:ecogori07:20180618223703j:image

 

左手奥に見えるのが本館です。

手前の赤い屋根の建物は、朝食ブッフェ会場です。

ちなみに、夜はこんな感じ。

f:id:ecogori07:20180618223912j:image

 

伊豆とか熱海っぽい。笑

伊豆今井浜東急ホテルも良いホテルですよね。正直雰囲気は似ているような。

 

 

夕食

夕食は、市街に食べに行きました。

「肴処 志堅原(しけんばる)」という居酒屋です。

https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470503/47009609/

ホテルから車で20分弱です。

f:id:ecogori07:20180619150023j:image

f:id:ecogori07:20180618224816j:image

f:id:ecogori07:20180618224831j:image

 

まずお通し。

f:id:ecogori07:20180618224709j:image

 

海ぶどう

f:id:ecogori07:20180618225154j:image

 

ジーマミー豆腐

f:id:ecogori07:20180618225233j:image

 

ゴーヤーチャンプルー

f:id:ecogori07:20180618225323j:image

 

グルクンの唐揚げ
f:id:ecogori07:20180618225303j:image

 

宮古島産テングダケ(だったかな?)のオイスターソース炒め
f:id:ecogori07:20180618225307j:image

 

島らっきょうの天ぷら
f:id:ecogori07:20180618225311j:image

 

これらに、ノンアルビールとアルコール一杯ずつで6,000円いかないくらいでした。

どれも絶品です。

ちなみに、お店は「本日予約で満席」との張り紙がされていました。

食事中、何人もの観光客が入ってきては断られていましたので、予約は必須です。

 

 

朝食

朝食は、和定食かブッフェを選べます。ぼくはブッフェを選びました。

「元気の子」という、パッケージが牛乳のような200mlのローカルジュースも取り放題です。

写真右上にあります。

こういうの、お得感があって嬉しいです。

味は、さらっとしたヤクルトみたいな感じですかね。

あと、ゴーヤーのスムージーが適度な苦味で非常に大人向けの仕上がりです。

f:id:ecogori07:20180618232004j:image

 

にんじんしりしりなども。

f:id:ecogori07:20180618232622j:image

 

 

ホテル周辺を散策

2日目の食後、ホテルの周辺を散策します。

コーラルウィング棟からプールを抜けて、東洋一綺麗な与那覇前浜ビーチまで徒歩3分程度です。

 

プールです。

f:id:ecogori07:20180618231534j:image

 

プールを抜けて、
f:id:ecogori07:20180618231541j:image

 

東洋一美しい与那覇前浜ビーチ!

うーん、渋い。笑
f:id:ecogori07:20180618231537j:image

 

リベンジ決定しました。笑

 

 

最後に

梅雨で天気予報が曇りや雨なら楽しめない?

否、宮古島最高です。

2日目に続きます。

それでは。