果ての国まで何マイル

投資、マイル、筋トレが好きで人が嫌いなゴリラのブログ

通勤時間を確保するために会社の遠くに住む。通勤時間を活かす考え方。

こんばんは、ecogori07です。

頭の固い中間管理職は老害でしかない。

ãé²æãæ°ãæ°ã§ãªã中年ã®ç®¡çè·é²æãæ°ãæ°ã§ãªã中年ã®ç®¡çè·ãï¼»ã¢ãã«ï¼ãããï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

 

通勤時間って本当に無駄?

サラリーマンの皆様におかれましては、通勤時間ってどれくらいですか!?

ぼくは、家の玄関から職場入り口までトータル1時間半かからないくらいです。

電車通勤なので、そのうち1時間くらい電車に揺られてドナドナしています。

 

先日、こんなやりとりがありました。

直属の上司ではない同じ職場の管理職との会話です。

 

老害

「ecogori07は、どこに住んでるんだっけ?」

ぼく

「〇〇です。」

老害

「何でそんな遠くに住むんだ?近くに住んだらいいのに。時間がもったいないじゃん。」

ぼく

「〇〇とか〇〇とか、色々やることがあって意外と快適に過ごしてますよ。」

老害

「そんなん家でやって会社にくればいいやん。」

ぼく

「はぁ、まぁ、そうですね。」

 

話にならん。

元々、人の意見を聞き入れない人なのでどうでもいいのですが。

 

通勤時間が無駄だという意見って結構ある気がするんですが、本当にそうでしょうか。たとえ、ぼくみたいに2時間の電車に揺られる時間があったとして、その2時間を無駄にするかどうかはあくまでも自分次第でしょう。

会社にとってはコストでしかないから無駄だ、という会社側の経済的理由は抜きにして。

 とは言え、労働者にも住む場所をある程度選ぶ自由はあります。

そこで、通勤時間の素晴らしさ、語ります。

 

 

オンとオフの切替

すぐ会社に着けることの何がメリットなのか分からんです。

価値観の問題ですので、それが絶対的なメリットだと思う人は沢山いるでしょう。

しかし、ぼくは会社から離れた場所に住み、職場を出てクールダウンの時間をしっかりと設けることでリラックスできるタイプです。

睡眠時の記憶の整理の効果と一緒で、仕事もリセットした方が良いのではと思います。

朝会社に向かう時も、電車に揺られることで徐々にスイッチが入ります。

プールに飛び込む前に胸に水をパシャパシャかけるのと一緒ですね。

ま、何度も言うように価値観の問題ですが。

こういう考え方もあるよ、ということです。

 

インプットの時間

電車通勤が無駄だと言う人は、一体1日を何をして過ごしているのでしょうか。電車の中ではできないことを起きている間中やっているのでしょうか。

何でもそうですが、家でやりゃいいとか言い出したら、コーヒーショップなんて潰れるでしょう。

はっきり言って、自家焙煎とかのこだわったコーヒーでない限り、大抵のコーヒーチェーンのコーヒーのレベルならセブンコーヒーを買って家で飲んでも変わらんと思います。

コーヒーを飲みに行くのではなく、何かをしに行くのがコーヒーショップの役割だと思うのです。

それは、電車とて同じです。通勤時間と考えず、何かをする時間・場所と考えれば良いのです。

ちなみにぼくはひたすら新聞か経済誌を読んでいます。

特に、電車の中って絶妙にオンとオフが入り混じっているので、かなり集中できるのです。

 

 

満員電車だけはなんともならん

一点、注意しなければならないのは満員電車です。

満員電車で身動きが取れず体力だけ消耗するのは、本当に時間の無駄、最低の時間の使い方です。

ぎゅうぎゅうの満員電車、、、

これは本当に現代が生んだ悪魔ですよ。

昨日のベルギーの赤い悪魔なんてかわいいもんです。

ぼくの嫌いな言葉ベスト3に入ります。「満員電車」。

満員電車に巻き込まれないように住む場所を選べば、通勤時間は全く気にしなくていいと思いますよ。

それでは。